2008年12月31日

番外編 ラーメン紀行「三陽」

 先日、仲間との忘年会で飲んだ後、ラーメン屋に行った。実は、結構ラーメンが好きで神奈川界隈のラーメン屋を回っている。

 ほとんど夕食代わりの会社帰りだ。
普段は、横浜家系ラーメンを食べ歩いてるが、今回は少し違ったジャンルのラーメン屋。SN3D0052.JPG
 
 
今回行ったのは、横浜桜木町から近い野毛の「三陽」。「三陽」という店の名より、どちらかというと、「毛沢東もびっくり!!」で有名かな。
 
今回は、数年前ぶりより、2回目の訪問だった。前回は酔って、かなり食べた後なので、あまり味を吟味する余裕が無かった。

 
メニューも「毛沢東もびっくりの餃子」「周SN3D0048.JPG恩来も驚くラーメン」「楊貴妃も腰を抜かすギャルのアイドル チンチン麺」等々。下ネタチックなメニューの名前でおもしろい。
 
 
以前行った時には、メニューの選択に迷っているカップル相手に、調子のいいしゃべり口で店のオヤジが「そこのにいちゃん!ねえちゃん!ねーちゃんにはチンチン麺、にいちゃんにはちょめちょめ麺!!」等とメニューを勧めていた?というより勝手に決められていた(笑)のが印象に残っている。
SN3D0051.JPG
 
店構えは、庶民的そのもので、屋台のような、大衆酒屋のような、雑多とした雰囲気でなかなかよろしい。店の中は狭いく他の客と密着状態だが、なぜか落ち着けるアットホームな感じが不思議だ。 

 
今回は仲間4人と訪問。相変わらず、にぎわっていたが、4人とも店の中に入れた。まずはビール。大瓶だ。そこで「●●●●にサービス!!(●は自分の会社の通称名)」いきなり自分の勤める会社名が出てくるのもびっくりだが、サービスもびっくり。SN3D0049.JPG

 出てきたのは「ピリカラネギ」ビールにはもってこいのおつまみ。次に、餃子を注文。餃子はなんとも最近食べてない様なおいしい餃子。で下ネタチックのネーミングに惹かれ、「チンチン麺」を注文。塩ベースにニンニクのパンチが効いたスープが絶妙。それとなんだっけ?お通しでニンニクの焼いたやつが出てきた。とニンニクづくし。
 

 
今回は家系ラーメンとは趣の違った味を楽しめ、平らげてしまった。SN3D0050.JPGだし、後遺症が・・・・・。ニンニクの臭いが翌日まで残るのは見え見えで、やはり自分でもわかるくらいにニンニク臭が残っていたが。それもご愛敬だ。

  
店の詳細は、意外にもHPがあったので興味のある人はどうぞ。いきなり声が飛び出すのでびっくりしないように(笑)
http://sanyou.hp.infoseek.co.jp/

posted by 藤瀬 喜樹 at 16:01 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。