2009年04月05日

真空管短波受信機(ラジオ) 「HAMMARLUND HQ-100A made in USA」

PICT0067.JPG今回はオーディオとは少し趣が違いますが、真空管短波受信機について。

実はオーディオを始める前、ラジオ好きでした。BCLも学生時代やっておりました。その延長上で、クラシックラジオにも興味を持ち、BCL用としても何台か受信機やラジオを所有しております。

で一番のお気に入りの1台がこれ。
PICT0139.JPG
ハマーランドは米国のメーカーで現在はありません。

真空管全盛期で日本製より米国製の方が性能が良く?、デザインも洗練され、当時の日本の受信マニアが米国製受信機にあこがれていた時代のものです。

このメーカーは、民生用から軍用までラインアップされ、特に軍用受信機では日本でもOEM生産され自衛隊でも使用されていたようPICT0135.JPGです。

軍用受信機ではSP−600という受信機が有名である。

以前、自衛隊久里浜通信基地内に昔使用された歴代の通信機器を展示してある資料館があるのだが、日本でOEM生産されたSP−600が展示してあった。記憶に間違いなければ、確か日本無線(株)製(JRC)だったような。
外見はパネルのスイッチの名称等の刻印は日本語(漢字)以外特徴hq-100a-1.jpgあるデザインはSP−600そのものであった。

現在は軍用受信機のSP-600は、時折YAHOOオークションなどで20万〜30万円位で出回っているようである。


このハマーランドHQ−100AはYAHOOオークションで手に入れた物。純正スピーカ付属であった。オプションの時計は付属していない。


シャーシもピカピカで動作も問題なし。純正スピーカーで聴く音質はソフトな響きがあり、聴き疲れしない良い音質である。以前にハマーランドは音質が良いと聴いたことがあるが、実際に聴くと納得させられる。


ハマーランドの特徴の扇形の周波数目盛りのライトアップも暖かみのある光で部屋を少し暗くすると、ケースの放熱のパンチ穴から洩れる真空管の光とあい重なって綺麗である。

ダイヤルの感触も民用の受信機にしては精密感があり、操作していて楽しい。
hq-100a-2.jpg
受信性能はどうか?周波数はメインダイヤルで大まかに合わせてスプレットダイヤルで微調整して同調を取るタイプなので、1kh単位での周波数の直読は出来ず、待ち受け受信は難しい。
感度は良いが、ノイズに埋もれた微弱な電波をキャッチできるような現在の受信機と比較してはならない。


感度調整、アンテナとのマッチングをとる同調ダイヤル、クリスタルフィルターやメカニカルフィルターを使わず、LC回路にて選択度の調整を行うQマルチ(混信除去機能の一種)。
このQマルチは一種の帰還回路のようで、LC回路で高水準の特性を有している。hq-100a-3.jpg
これらの調整箇所を総合的に操作し、バランスよく調整することで、受信性能を発揮出来る受信機と言えよう。

カメラで例えるとオートフォーカスではなく、絞りやシャッター速度等を調整するマニュアルカメラのようだ。

いかに最高の受信性能を引き出せるかはオペレーターの腕にかかっている?というのは、少々オーバーな表現か。


また、音質が良いために、電波が強く、フェージングが少ない短波局や国内の中波をバックミュージックのように流すにはとても良い受信機であると思う。

hq-100a-4.jpg
現在は書斎の机にインテリア?として並べている。


仕様の概要は以下の通り
・製造時期      :1960年代
・受信範囲     :540KHz30MHz(4バンド)
・受信電波形式   :AM(CW、USB、LSBはBFOピッチで対応)
・オーディオ出力  :1W
・出力トランスインピーダンス:3.2Ω
・アンテナ入力インピーダンス:100Ω14643396_544710228.jpg
・使用真空管と使用回路(10 tube)
 
RF Amplifier      :6BZ6
 
Mixer             :6BE6
 
HF Oscillator     :6C4
 
1stIF Amplifier   :6BA6
 
2ndIF Amplifier   :6BA6
 
Detector,Series
 
Noise Limiter,BFO :6BV8sp600Fcab1.jpg
 
First AF Amplifier
 
Q-Multiplier      :12AX7
 
Audio Power Output:6AQ5
 
Voltage regulator :OB2
 
Rectifier         :5Y3

写真上から
1枚目  :実家で撮影
2枚目  :シャーシ上
3枚目  :シャーシ内部
4〜7枚目:カタログ
5枚目  :現在書斎に設置のHQ100A
6枚目  :参考までにハマーランド製軍用受信機SP−600(これは所有していません笑)
 
詳細仕様は当時の英文カタログの写真を参照。
サービスマニュアル→HQ100.pdf

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】ブログランキング音楽ブログランキングにほんブログ村 PC家電ブログへにほんブログ村人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
posted by 藤瀬 喜樹 at 21:57 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ、BCL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。