2008年12月17日

インシュレーター導入記 第一段

 今回、ショップの営業攻勢により、新に開発したインシュレータを導入したらどうかという連絡があった。

「すごく、よくなりますから!!ふっと奥行きと広がりが増し、試しては、如何か?予約注文されると2セットまで割引価格で提供します!!」とのこと。

 今まで、インシュレータなるもので、良くも悪くも音が変わるのか?と疑問に思っていた。
まぁ今回割引もあるし、少々高いが、1セット注文した。

 実際に店に足を運び、色々とインシュレーターを外したり、入れたりで聴き比べを行ったが、音は変わる。元々、店のシステムはそれなりに鳴っているが、やはり、自分のシステムとは趣が違う。若干、SNが良くなり、抜けが良くなったという印象であった。

 やはり、店で聴いてしまうと、自分のシステムではどのように変わるか?試してみたいという好奇心が沸き上がる。で、1セット購入した(3個組)。

購入したのはクライナアンドプルートンのD−PROP
購入した製品の詳細は(http://www.kryna.jp/HTM/dprop.html40,950円×1セットなり。 

 まずCDプレーヤーにて使用した。以前は同社製のマグネシウムのインシュレーター(http://www.pluton.jp/HTM/m.html)を使用していたが、あまり使用前と使用前の差異は判別できなかった(自分の耳では(笑))。

 今回、
D-PROPとマグネシウムインシュレータのスパイク部分を併用して使用した。これは効果があった。全体的に静かになり(SNが良くなったのかな)全体的に奥にスッと引き込んだ感じで、奥行きと広がりが増し、全体的にボリュームを上げてもうるさくなくとても効果があった。
 スピーカーにもとても効果があると言われ(またそそのかされてしまった(笑))

 後日もう1セット購入。
CDプレーヤーにセットしていたD-PROPを撤去し、(本当は設置していたかったが予算上の関係)新に購入したD-PROPと共にスピーカーに設置。
これがCDプレーヤー以上に、音の劇的な変化が感じられ、聴き比べれば誰もわかると思う。変化の傾向はCDプレーヤーに設置したときと似たような効果があるが、さらに奥行きや音の広がり、交響曲なんかは各々の楽器の粒だちや演奏の位置が想定できる位に明瞭かつ、聞きやすくなった。

 このインシュレーターちょっと高いが、まぁいいか!?
と納得させられた。 CDプレーヤーにもレコードプレーヤーにも設置したい欲にかられるが、3個セットで4万円ではそうそうポンポン買うのは無理である。

 現在はCDプレーヤーは以前のマグネシウムに戻し、
D-PROP3個一組2セットはスピーカーにて使用し、現在のところ定着している。

 自分はクラシック全般をメインに聴いているので、自分の好きな傾向の音に変化したので良かったと思う。
 

 
このインシュレーターは上記のメーカーHPを参照して頂ければ、構造など詳細は出ているが、ダブルスパイク構造で、真鍮製、そしてオイルを封入しており、今までとはちょっと変わった代物である。

 
ただ、様々なオーディオ製品にいえることだと思うが、もうちょっと安ければいいなあと思う。(普通のサラリーマンとしては・・・)やはり、価格はボッタクリに近い??(笑)ばら売りも可能のようで、色々なインシュレータと混在で使ってみたりしながら、少しずつ買い足して行くのもよろしいかと。 

 
スピーカーはタンノイのスターリングHE。既存のスパイクを使用しD−PROPの上に乗っけている。前1点後ろ2点の3点支持が推奨されているが、自分は設置安定上、前2点(スピーカー既存スパイク使用)後ろ1点にしている。スターリングは4点のスパイクが付いているが、後ろの2点はスパイクを使用せず、木製のブロックにて高さを調整し、スピーカー本体の中心部にD−PROPの上に直接のっけている。木製ブロックの高さ調整により、若干、スピーカーが上向きに角度をつけて設置している。(床面と平行よりも、角度を付けた方が定在波の関係上有効とか)

写真左のCDプレーヤーに使用しているインシュレーターについては、第二段で書きたいと思います。

SN3D0035.JPGSN3D0031.JPGSN3D0032.JPG
posted by 藤瀬 喜樹 at 04:27 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオアクセサリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111357971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。